【写真詐欺】マッチングアプリで写真と違う人が来たらどう対応したらいいか?

現代の写真加工技術はすごいもので、マッチングアプリ経由で待ち合わせをすると、写真と全く違う子が現れることがあります。

Matt加工かよってくらいの変貌ぶりで、待ち合わせ場所についたときに

「お、お前は…誰だ…」

と口をあんぐり、言葉を発せないこともあります。

この記事では

  • 写真を全く違う子が出てきたときの対処法
  • 写真と全く違う子が出てきたときの精神の落ち着かせ方
  • 写真と全く違うと出会ったときに優しい気持ちになる方法

を紹介します。

この記事の教訓を活かして、リスクの少ない恋愛活動をしてください。

男は常に紳士であれ

写真よりもずっと可愛くない子が現れることがあります。

そういうときに男はどう対応したらいいでしょうか。

結論はシンプルです。

「紳士に振るまえ」

これに尽きます。

性格が歪んだナンパ男は、待ち合わせ場所に可愛くない女の子がいたら途中で帰ることもあるそうですが、これではいけません。

そういう悪行を続けていると、いつか自分に災いが降りかかるからです。

その災いとはなんでしょうか?

「悪評を広められる」

というものです。

この記事を読んでいるあなたが将来、大成功したとしましょう。

有名になって、テレビやYouTubeで活躍しているかもしれません。

そうなったときに、恨みを買っていたら大変です。

「あなたの知名度」が相手にとっての反撃の武器になるからです。

有名になると、「評判を落とされるリスク」が常につきまといます。

人に恨まれて良いことはありません。

素性を完璧に隠せば大丈夫かもしれませんが、無駄なリスクを背負う必要はありません。

デートに使う店はできるだけ安い店にしよう

「相手を目の前にして立ち去る」という悪行を行うと、恨みを買ってしまいます。

やるなら恨みを買わずにできるだけ損失を抑えましょう。

具体的には、アポの店のレベルを落としてください。

  1. お酒を飲まずにカフェに行く
  2. ラーメンやうどんで済ませて公園に行く
  3. 直接家に行って缶ビールで乾杯する

などです。

こういう荒業を決行するにはかなりの勇気がいりますが、勇気こそが金の節約につながります。

自分の魅力で惹きつけておけば、高い金を払わずとも相手には好かれます。

逆に、たくさんお金を使っても相手の評価にはつながらないことは覚えておいてください。

ブスと出会ったら客と思え

将来成功したい人は、出会った女を客にしなければいけません。

Gacktは売れない時代、池袋で手当り次第声をかけ、スポンサーとなる女性を探したといいます。

惚れさせて、スポンサーになってもらうつもりで接しましょう。

ブスに優しくすると、いいことはたくさんあります。

優しくされまくってる女の子に優しくしても、あまりいいことがない上に雑魚扱いされます。

ブスには優しく、美女には冷たく、が鉄則です。

セックスして惚れさせて捨てるとめちゃくちゃ怒られることもありますが、惚れさせて、セックスしないでいい友達になっておくといいことがたくさんあります。

まぁ、セックスしても大丈夫ですけど。

マッチングアプリの写真詐欺の確率は高い

マッチングアプリをやりまくってきた経験上、3人に1人くらいは写真と違う人が現れます。

90%以上が写真よりも可愛くない子です。

みんな盛れた写真を使っているから当然です。

「写真通りの子は来ない」

そういう前提でアポを組み立てましょう。

ポイントは、

「10%くらいは写真以上が現れる」

ことです。

つまり、数を多く撃てば、いつかは当たりがくるということです。

本気でムカつく女に出会ってしまったらどうする?

世の中には本当にどうしようもない女もいます。

可愛くもないのに調子に乗って、わがまま放題。

甘やかされて育ってきたため、やっていいことと悪い事の分別がつかない子がいます。

性格が歪んでいて、頭が悪くて、事実を歪ませて、自分の都合の良いように解釈する女が稀にいます。

そういうのと出会ってしまったらどうすればいいでしょうか?

答えは簡単です。

「一度は失敗したと思って割り切る。

紳士に振る舞って、二度と会わない」

これだけです。

頭と性格が悪い女とケンカしてはいけません。
ありとあらゆる手段で復讐を画策してくるからです。

もし女と出会って本気でムカついたとしても、絶対に怒ってはいけません。

ヤバい女は怒られたことをいつまでも根に持って、あなたを貶めようとしてきます。

災害にあったと思って、我慢してやり過ごしましょう。

写真詐欺の女とセックスするべきか

写真詐欺の女とデートして

「この子とセックスしようかどうしようか」

と迷うこともあるかもしれません。

迷ったときの原則は

「あとで面倒なことになるかならないか」

で判断しましょう。

僕は一度、マッチングアプリで会ったら会社の後輩だったことがあります。

めちゃくちゃ紳士に振る舞いました。

美人でしたが、決して口説きませんでした。

そういうことです。

何か自分にリスクがありそうなら、絶対に手を出さないようにしてください。

ノーリスクだったら、やりたかったら誘いましょう。

写真詐欺に合わない方法

自分も普段から写真の加工をしていれば、写真の加工を見抜けます。

  1. 背景の歪みに着目する
  2. 目の不自然な大きさに注目する
  3. 鼻や輪郭の不自然さに注目する

などである程度は防げますが、男が女の加工を完璧に見抜くのは不可能です。

どうしても加工女が嫌ならば、ストリートナンパ、クラブ、バー、合コンに行きましょう。

自分の目で見える出会いは間違いがありません。

しかし、マッチングアプリに比べてストナンやクラブは身体の負荷が大きく、時間がかかるのが難点です。

マッチングアプリで数をこなしつつ、たまに息抜きにストナン、クラブに行くのがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA