新型コロナでナイトクラブの自粛要請が出た今こそ、パパ活アプリでキャバ嬢を落とそう

新型コロナウイルスの爆発的感染を防ぐため、東京都知事から「ナイトクラブは自粛してほしい」と指示が出た。
都知事の自粛要請によって、ナイトクラブへの出入りは今後より一層少なくなっていくものと思われる。

富裕層も株価の下落で大ダメージを受けている上に、営業自体を制限する風潮が醸成されていては、ナイトクラブ運営者もたまったものではない。

実際は、要請は無視して営業は続けると思われるが、客足が減るのは間違いない。
そうなると次に困る人が出てくる。

ナイトクラブの経営者もそうだが、在籍しているキャバ嬢だ。

彼女たちは日頃贅沢な暮らしをしていて貯金がない。
出勤が減っても浪費癖は抜けていないので、こういった危機に対する耐性がない。

でも彼女たちが無駄遣いして困窮してようと、新型コロナで離れた客足が戻るのはだいぶ先になるだろう。
既にキャバ嬢の困窮が始まりつつあるし、一ヶ月もすればナイトクラブ勤務のキャバ嬢がガンガンパパ活アプリやマッチングアプリに参戦してくるはずだ。

彼女たちは助けが欲しいのである。

仕事が無くなって暇になったキャバ嬢はマッチングアプリに参戦するし、金が無くなったキャバ嬢はパパ活アプリを始める。

キャバ嬢からパパ活へ、という流れは間違いないだろう。
男性側にとっては千載一遇のチャンスとなる。

普段金がかかって仕方がなかったキャバ嬢が、自己肯定感を落として市中に放出される。

ここを狙わない手はない。
ではどうすればキャバ嬢を落とせるか?

金がある人はパパ活アプリに登録しよう

パパ活市場の女は必ず値崩れする。値崩れがいつまで続くかはわからないが、少なくとも2年はパパ活女を安く買える時期が続くと思われる。

パパ活女は金がないとセックスできないようにも見えるが、意外とそうでもない。

何度かセックスしているうちに相手から依存してくることもよくある。
依存した相手はだんだんと無料でセックスさせてくれるようになる。

キャバ嬢は可愛い子が多い。
パパ活女もキャバ嬢と同じくらい可愛い子が多い。

そんな子でも、何度か金を払ってセックスしている内に自分から股を開くようになってくる。
セックスのテクニックも必要だが、普通に街で女をナンパしてセックスするよりも簡単だと思った。

以前はパパ活に参戦するなら年収1000万は最低でも欲しかったが、今なら年収500万もあれば十分キャバ嬢をキープできるだろう。

マッチングアプリで「それ目的」でやってる女に声をかけるだけ。
一回のセックスは1万円にしておこう。

最初は思ったよりもずっと話が早くて驚くはずだ。

PCMAXでパパ活女を探す

一切金をかけたくないならハッピーメールを使う

キャバ嬢が多いマッチングアプリといえば、ハッピーメールだろう。
若い子の登録が多くて、当然キャバ嬢じゃない女の子もたくさんいる。

でもこの時期なので、あえてキャバ嬢を狙おう。
シングルマザーとか、バツイチが狙い目だ。

彼女たちは仕事がなくて不安になっている。
かわいそうな子たちだ。

金を与えるのではなく、愛を与えよう。
寂しい女ほど落としやすいものはない。

「不安ですよね」
「辛いですよね」

とふんふん話を聞いて、あとはベッドでパンパンやればいい。

相手も簡単に依存するので、いつでもセックスできるようになる。

ナイトクラブが制限されている今は絶好のチャンスだ。
今ほどのチャンスはない!

キャバ嬢争奪戦に参戦して、キャバ嬢を口説き落とそう。

ハッピーメールでキャバ嬢を探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA