マッチングアプリで直家アポ(直接部屋に呼ぶ約束)を取り付ける方法

女の子に直接家に来てもらう、いわゆる「直家アポ」は費用もかからず、時間もかからず、セックスしたい男にとって最も都合が良い手法です。

そんな都合がいいやり方があるのか?と疑問に思うかもしれません。
もちろん、どんな女の子でも直接家に呼べるわけではありません。

彼女だったり、惚れさせた女の子であれば呼べばすぐに家に来てくれますが、まだセックスもしていない女の子を直接家に呼ぶためにはある程度のスクリーニングが必要になります。

ここで覚えておいてほしいのは、「女の子にもセックスしたいときがある」ということです。
そういう女の子を拾っていくイメージです。

百発百中の手法ではなく、数を撃って当てましょう。

この記事では、僕がこれまで「直接女の子を部屋に呼んだ経験」から、「直家アポの取り方」を解説します。

自分が最もカッコよく写った写真を探す

直家アポを組むのは全然難しくありませんが、ある程度写真が盛れてないとうまくいきません。

UlikeかSnowで盛れている写真を撮りましょう。
デフォルトで撮ってもかなり盛れます。

友達に撮ってもらえたらもっと良いです。

過去の写真で一番写りが良いものを見つけてください。
年齢が今より若くても問題ありません。

マッチングアプリに複数登録して女の子を巡回する

女の子によって登録しているマッチングアプリは違います。
広く女の子を拾うためには、こちらも幅広くマッチングアプリに登録しておく必要があります。

そして直家アポを組むためには、「セックスしやすい女の子」が登録しているマッチングアプリを使う必要があります。

ペアーズやomiaiは運営も厳しく、直接誘って失敗するとBANされる場合もあるので、やめておきましょう。

ワクワクメール、ハッピーメール、PCMAXの3つに登録しておいて、暇なときにチャットしておけば十分です。
複数アプリをぐるぐる回すとけっこう時間を食ってしまいますが、選ばず直感でLIKEしましょう。

かける時間とコストを最小限にするのが直家メソッドです。
最低でも一つは常にアプリが回っている状態にしておいてください。

ハッピーメールに登録する

ワクワクメールに登録する

PCMAXに登録する

プロフィールを「直家用」に編集する

直家アポを組むために一番大事なのはプロフィールです。
プロフィールでしっかりスクリーニングしましょう。

さきほどから「スクリーニング」という単語を使っています。
スクリーニングは「ふるいわけ」という意味です。

プロフィールの段階で、「セックスできる子だけとマッチするように」ふるいわけをするのです。

どうすればいいでしょうか?

簡単です。

「セックス目的です」とは書かずに、ほのめかしましょう。

「家で飲める人とマッチしたいです」
「オフパコが目的です」
「すぐに飲める人、LIKEください」

このように、「家に来る女の子だけがLIKEする前提」でプロフィールを作れば、セックスする気がない女子はLIKEしてこなくなります。

「そんなんで本当にLIKEされるのかよ?」と疑問に思うのではないでしょうか。

されます。
僕も実際にやってみてびっくりしましたが、全然されます。

繰り返しになりますが、女の子もセックスしたいのです。

「今日たまたまセックスしたい女の子」
「むしゃくしゃして遊びたい女の子」
「普段からセックス相手を探している女の子」

は意外とたくさんいます。

特に東京に多いです。

だから大丈夫です。

僕はスクリーニングをかけながらマッチングアプリを回して、週に3人程度セックスできました。
かかった費用はコンビニで買ったビールくらいです。

話が早くて簡単です。

マッチングしたらすぐにLINEに移行して日程調整

マッチしたらこちらからすぐにメッセします。

「いつ来る?」

とかで大丈夫です。

「明日あいてる?」

「今日飲まない?」

でもいいです。

メッセの段階でまた何人かにブロックされるか立ち去られます。

ですが、気にしてはいけません。
むしろ「費用がかからなくてよかった」と思ってください。

マッチングアプリに複数登録しているのはそのためです。
複数で回しておけば、どこかに引っかかります。

一つ目のアプリがダメでも、別のアプリでアポが進みます。
それで週に3回くらいのペースで女の子と出会っていけばOKです。

たくさん出会っているうちに、本気で好きになれるような可愛い子とマッチすることもあります。

複数で遊んでおけば、いざ美女とマッチしてもビビらずにいけます。
なぜなら、ダメだったら他にいくらでも女がいるとわかっているからです。

迷うことなく、複数のアプリを回してガンガン出会っていきましょう。
直接家に呼べたら、デートにかかる1万円などの費用が一切かかりません。

マッチングアプリの利用料なんてたかが知れています。
一番高いのはデートの費用です。

僕はいちいち女の子にお酒も飯も奢っていたので、いつも金欠でした。
そうならないように、直家メソッドを有効活用してください。

セックスしたり、彼女を作るのに時間も金も必要ありません。
時間と金をかけたからといって、絆が深まるわけでもありません。

さっさと家に呼んで仲を深めてください。

ちなみに「直家」ですが、家に直接来てもらうというよりは、家の近くで待ち合わせして、コンビニでお酒を買って家に行く感じです。
化け物みたいな女の子が来たときは「やっぱりカフェ行こ」で解散すればいいし、メンヘラだと感じたら家に入れない方がいいです。

ハッピーメールに登録する

ワクワクメールに登録する

PCMAXに登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA