セックスしたいなら、とにかくマッチングアプリを始めなさい。誰でもできるセフレの作り方

セックスがしたいなら、つべこべ言わずにマッチングアプリを始めなさい。
セックスできない男には共通する特徴がある。

言い訳ばかりで行動しないのだ。

運命の恋を探して、いつかとんでもない美女が偶然自分と出会って、自分のことを好きになって、恋に落ちるなんて夢を見てる。

勘違いするなよ。
そんな奇跡が起きなかったから、お前は今までセックスができなかったんだ。

世界は俺たちに都合良くはできていない。
運命の女神は俺たちのために微笑まない。

だから俺たちは、自分の力で女神を見つけなければいけない。

そもそも、今までまともにセックスできなかった男が急に美女を落とせるわけがない。

プロ野球選手だって、練習で何度も素振りして、練習試合を繰り返して、やっと本番でホームランを打てるようになるのだ。
俺たちの股間のバッドだって、練習なしでホームランを打つことなどできない。

カキンとホームランを打つためには、マッチングアプリに課金して女と大量に出会わなければならぬ。

場数を踏んで、何人もセックスして

「俺はもうセックスには困らないな」

と確信できて初めて、運命の女神を口説き落とせる実力がつくのである。

いきなり大谷翔平のストレートは打てない。
まずは簡単なホームランボールを投げ込んでくるマッチングアプリの女で練習するべきだ。

セックスをするために必要な考え方はものすごく単純である。

  1. マッチングアプリでLIKEを送る
  2. マッチした女と連絡先を交換する
  3. 連絡先を交換した女とデートする
  4. デートしたら必ず口説き、ホテルの誘う
  5. セックスできたらキープするか放流するか選ぶ
  6. また新しい女と出会う

この繰り返しで絶対にセックスはできるようになる。
ホテルに誘うまでの具体的な手順や口説き方は別の記事で解説するが、何よりも大事なのは「出会いの数」を増やすことだ。

最初は質にこだわってはいけない。
とにかく量をこなす。

もしお金がないのであれば、土曜か日曜の昼にカフェにでも行けばいい。
それでも十分口説ける。

  1. 「オシャレなカフェでお茶しよ」と言って待ち合わせ
  2. カフェで和む
  3. カラオケ行こっかでカラオケに誘う
  4. カラオケでキスする
  5. その気にさせてホテルに行く

でOK。
女とセックスするのに金はいらない。

とにかく大事なのは、出会いの場数を踏むことだ。
そのためにはマッチングアプリが一番いい。

初心者にナンパは辛いし、時間がかかりすぎる。
クラブは風邪を引きやすいし、生活が不規則になる。

また友達が雑魚だったらうまくいかなかったりもする。

マッチングアプリなら一人で始めることができて、好きな時間に出会える。
積極的に使うべきだろう。

ではとにかくセックスしたい男が始めるのに有効なマッチングアプリは何か?

一番簡単なのはハッピーメールだ。
なぜハッピーメールがイージーかというと、「掲示板機能」があるかに他ならない。

掲示板には「いま暇な人」とか「今夜飲みに行きたい人」みたいな、「今この瞬間に出会いやすい状態の女の子」が多数存在する。

「いい人がいたら食事に行きたいな」などと考えている女の子よりも圧倒的なスピード感とアグレッシブさで出会えてしまうのだ。

自分からメールを送ると業者に引っかかってしまう可能性もあるのでおすすめしない。
掲示板から引っ掛けるのがいい。

ハッピーメール(無料)
公式サイトはこちら

風俗には行くな

リアルで女と出会えない人の中には、風俗を使って性欲を発散する人もいる。
絶対にやめたほうがいい。

まず風俗を使う男はモテないし、風俗を使っているうちにモテなくなる。
金で女を口説く癖がつくからだ。

風俗は呪いだと言ってもいい。

努力しないで女を手に入れる思考回路がまた、非モテを加速させる。
だんだんとまともな女との会話能力がなくなっていく。

旅行に行くたびに風俗に直行するような人は要注意だ。

普通の女を口説いてセックスするプロセスからは絶対に逃げてはいけない。
一度風俗に逃げると逃げ癖がつく。
女を口説けなくなる。

勇気を出して、生身の女を口説き落とそう。
そっちの方がずっとエキサイティングだし、幸せになれる。

セフレにすれば何度だってセックスできる。
風俗、ダメ、絶対。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA