漫画『JKハルは異世界で娼婦になった』ネタバレ!あらすじを最新話から結末まで紹介する

『JKハルは異世界で娼婦になった』はスクールカーストの頂点にいる女子高生が暴走トラックにはねられて異世界に飛ばされる話です。

一言で語ると「何やねん」とツッコミたくなってしまうかもしれませんが、これがマジで面白いのです。

ハルが飛ばされた異世界は、まるでドラゴンクエストの世界。

街の外にはモンスターがいて、人類に攻撃的な魔王がいて、モンスターと闘うことを職業とする戦士もいます。

武力がものをいう世界では、女の地位は低くなります。
男の庇護がないと生きていけないからです。

そんな男尊女卑の世界の下の下に位置する職業が「娼婦」です。

体を売って、金を稼ぐ女を指します。

現代の女子高生ハルは、異世界で娼婦になったのでした。

『JKハルは異世界で娼婦になった』のストーリー

『JKハルは異世界で娼婦になった』はダイの大冒険的な長いストーリーが続いていくというよりは、一話一話が細切れになって進んでいくイメージです。

魔王はいても、ハルは魔王を倒すことを人生の目的とはしていません。

あくまでも現代に生きていた女の子が異世界に飛ばされた際の日常を描く漫画なのです。

一コマ見ても会話の文字数が多いのがおわかりでしょうか。

『JKハルは異世界で娼婦になった』はハルの心情が事細かに描かれており、それゆえに感情移入しやすい作りになっています。

女子同士の友情であったり、乱暴な男に対する冷めた観察であったり、女性の「キモチ」が事細かに書かれています。
とにかく書き込みがすごいです。

「そうなると もうあたしたちは 無敵に楽しい」

なんてセリフ、これ完全に女性向けの漫画です。

なので、『JKハル』はその魅力的な登場人物を紹介していくのが「ストーリーの紹介」として正しいように思います。

紅のエンドレスレイン千葉

ハルと一緒に異世界に飛ばされてきた現代人。

トラックの暴走に巻き込まれたハルを守ろうとして、一緒に死んだ男です。

現世では陰キャの雑魚でしたが、異世界では神様からチート能力をもらい、異世界の生活を満喫しています。

そこそこ強い戦士として、金を稼いだり女を買ったりできているのです。

現世では手の届かない存在であったハルも異世界では圧倒的に上の立場から組み敷きます。

なんといってもハルは娼婦なのです。

しかしどんなにチート能力をもらったとしても、現世でダメだった陰キャが異世界でヒーローになれるわけはありません。

魔王を倒すわけでもなく、雑魚モンスターを楽に倒して生きていく道を選びます。

最終的には「ルペ」というハルの友達の娼婦にハマり、貢ぐようになります。

ダメ人間は恋をきっかけに成長し、異世界の男尊女卑の文化に疑問を投げかけるようになるのです。

男尊女卑の世界に生きるJKハル

「この世界の男、本当に無理やりやるの好きだよな。

あたしも一晩に2〜3回はこーやっておもちゃみたいに投げられる」

ひどい男尊女卑の世界でもハルは健気に明るく生きています。

男に乱暴されながらも必死に毎日を生きています。

乱暴な男をキスで黙らせ、美尻で病みつきにさせる大胆さも持ち合わせているのがハルなのです。

普通の神経の女子高生がこんな異世界に飛ばされたら、自死を選んでしまうかもしれません。ハルはそれでもまっすぐに生きていきます。

友達とお喋りして、お店のナンバーワンを目指して、毎日頑張って娼婦をやります

銀髪おじさんに恋するハル、その正体は魔王

娼館に人間を観察に来ていた銀髪のおじさん。
ハルはずっと、その男が気になっていました。

美しい銀髪と美しい顔。

おじさんが来るときは必ず雨が降ります。

「人間を観察に来ている」

と変わったことを言うおじさん。

何者なのかもわかりません。名前も知りません。

それでもハルはおじさんに惹かれ続けるのです。

おじさんが、この世界の魔王であるとも知らずに。

娼館に来てもただ酒を飲み続けるだけのおじさんに、ハルは声をかけました。

おじさんと話がしたいです。

何度も何度もアプローチして、勇気を出してハルは言ったのです。

「私を…買ってください!」

この世界に来て初めての恋でした。

壊れるくらいの恋でした。

相手が魔王であるとも知らずに。

運命は残酷です。

優しい顔で笑う銀髪のおじさん。心臓を鉤爪で握られるほど恋したおじさんが、倒さなければならない魔王でした。

魔王を倒せばハルは現世に戻ることができます。

大好きな、恋い焦がれたおじさん。

娼婦を初めてから、唯一、素の自分で喘いだおじさん。

「やりたい盛りです」と言って、抱いてもらったおじさん。

おじさん、おじさん、おじさん…魔王。

魔王に抱かれたJKハルです。

運命はなんと残酷なのでしょう。

そして運命はなんと数奇なものなのでしょう。

この異世界では数百年、魔王を倒しうる人間など存在しませんでした。

しかしハルが異世界に来てからの短い期間でなんと、魔王を倒しうる無敵の勇者が招かれてしまったのです。

「やりたい盛りです」と言って、抱いてもらったおじさん。

おじさん、おじさん、おじさん…魔王。

魔王に抱かれたJKハルです。

運命はなんと残酷なのでしょう。

そして運命はなんと数奇なものなのでしょう。

この異世界では数百年、魔王を倒しうる人間など存在しませんでした。

しかしハルが異世界に来てからの短い期間でなんと、魔王を倒しうる無敵の勇者が招かれてしまったのです。

ハルはどんな未来を選ぶのか?現世か?異世界の恋か?

結末までの展開から目が離せません。

そんなめちゃくちゃに面白い『JKハル』はなんと、Kindle Unlimited で無料で読めます。無料お試し期間は30日。

1万冊以上の漫画が読み放題です!本当にハマること間違いなしなので、一度試しに読んでみてほしいです。