伝説のエロ漫画『カラミざかり』のストーリーと感想・評判【ネタバレ】

エロ漫画愛好家たちの心を震わせた伝説の作品があります。

【カラミざかり】

です。

作者の桂あいりさんは「カラミざかり」以前はそれほど有名ではない方でしたが、「カラミざかり」のヒットによって一気に成人漫画界のスターダムに上り詰めました。

後にも先にも、カラミざかりを超える漫画はなかなか生まれないでしょう。

「カラミざかり」はその設定が特殊です。何が特殊なのかは読み進めていかないとわからないのがツボです。

「カラミざかり」のストーリー

同級生の 吉野貴史 に遊びに誘われた主人公の山岸高成。エロ漫画のセックスはストーリーも何もなく唐突に始まったりするものですが、「カラミざかり」は違います。

セックスはするにはするのですが、始まり方が良いのです。

主人公の山岸は飯田里穂に恋をしています。大好きです。いつも横から見ていました。純愛でした。

男女4人で家で遊ぼう、という話になって、そこで「じゃんけんで勝った男女でやろうぜ」という話になります。

広告では「男女4人の好奇心が暴走して」などと書かれてますね。それが良い!

なんと、部屋で乱交が始まります。

カラミざかりの素晴らしいのは、セックスシーンが異常にエロいことです。

同じクラスの女子二人と何回も潮吹かせたり、イカせたりするのも良いですが、謎のシチュエーションを謎の説得力で描き切る桂あいり先生の筆力に脱帽でしょう。

「カラミざかり」の広告の消し方

一時はカラミざかりが広告に出すぎて消したい!という人が出てきたそうです。

広告を見たくない人は Brave ブラウザーを使うか、アドブロックを使えばいいです。

個人的にはカラミざかりに出会ったのは広告がきっかけだったので、別に悪いものでもないかな、と思います。

私のエロ漫画漁りは「カラミざかり」から始まったのです。

山岸高成の異常な NTR 性癖

山岸の異常性癖が明らかになるのは3巻後編、最後の最後です。

最初からなんか怪しいな、と思っていたら、主人公の山岸はまさかの 寝取られ好き なのでした。

大好きな飯田が犯されたり、誰かとセックスしている話を聞いて勃起しています。

とんでもない男です。

ちなみに愛する飯田が犯されているシーンを想像しながらセックスしたのは、友人の吉野がセフレにしていた新山智乃です。

憎たらしい茶坊主ですが、この茶坊主はなかなかのヤリチンで、野球部の憧れに先輩にも部室でチンポをぶち込みました。

話を戻します。

主人公の山岸はまさかの「寝取られ体質」だったのです。

愛する飯田が他の男とセックスしている様子を想像して、他の女に中出しする、というなかなかのクズっぷり。

だがそれがいい!

あまりの展開に言葉を失ってしまった読者もいたようですが、読後感は不思議と全く悪くありません。

「カラミざかり」はエロ漫画の歴史を変えた記念碑的作品です。

まだ読んだことがない人はぜひ、一度読んでみてください。素晴らしいエロ漫画です。

ラストが本当に最高なのですが、最初から通して読むのがおすすめです。

読むなら変なエロサイトよりも Kindle がおすすめです。信頼のAmazonです。

ヌケるエロ漫画を探しているなら、「嘘とセフレ」もおすすめです。