『黒岩メダカに私の可愛いが通じない』ネタバレ!最新話から結末までのあらすじを紹介

『黒岩メダカに私の可愛いが通じない』は少年マガジン2021年26号から連載開始された超面白い恋愛漫画です。作者は久世蘭 先生。可愛い女の子を描く筆力に定評があります。

百聞は一見に如かずなので、主人公の顔を見てください。

恋愛漫画史上、群を抜く可愛さ。可愛くて腰が細くて巨乳で脚が細い。完璧です。こんな完璧な可愛さの女の子が、黒岩メダカという男に恋をするのです。

この女の名前は「モナ」

「モナ」というと不倫ばっかりする女を想像してしまいがちですが、『黒岩メダカ』のモナちゃんは普通に純粋で可愛い女の子です。

モナは大阪生まれ、東京に引っ越して1年。

息をするようにモテる女。こういう子は滅多にいませんが、モテにモテてモテまくっているようです。

自ら「高校生活、私しか勝たん」と豪語するレベルです。

そんなモナに対して全く媚びる様子がない男が「黒岩メダカ」です。モナが話しかけてもデレることなく、しかめっ面をします。

この黒岩メダカは高度な恋愛テクニックの使い手なのでしょうか。

可愛い女の子に媚びること無く、あえて無関心を装うことによって、相手の気を引くテクニックを使っているかのようです。

黒岩メダカは別にイケメンという設定でもなく、ブサイクでもない、普通の男の子です。

実家が寺、という点を除いては。

黒岩メダカにモナの可愛いが通じない

モナは

「おかしい…何でや 私に見向きもしない男がいるなんて…」

と隣の席に座っても関心を示さない黒岩メダカを気にし始めます。

ぶりっ子で誘惑するモナ。

「黒岩君って猫好きなんだ♡ 私も一緒に見たい…♡にゃん」

とぶりっ子した超絶美女がモナです。

現実でいうと橋本環奈。

この顔で「一緒に猫を見たいにゃん♡」と言われるのを想像してください。

黒岩メダカはなんと言ったでしょうか?

なんと。

「見せにゃい」

と吐き捨てたのです。

全くぶりっ子が通じていません。橋本環奈があんなにぶりっ子して話しかけたのに、睨み返して「見せにゃい」とあ折り返してきたのです。

これは恥ずかしい。恥ずかしすぎるぞモナ。

寺の息子、女子と仲良くしてはいけない戒めを守る

そもそもなぜ黒岩メダカはここまでモナを拒むのでしょうか。広瀬すずや橋本環奈に迫られて「見せにゃい」と拒否する男は硬派を通り越してアホです。

一回くらいセックスしても何の問題もありません。

このように黒岩メダカがモナを拒むのには理由がありました。

彼は寺の息子で、「女の子と仲良くしてはいけない」という戒律があるのです。

「女と仲良くするな」という家訓があるからといって、それを守り続ける男が現代にいるとは思いませんが、1日5回の礼拝の義務を守るイスラム教などがあるように、宗教の縛りは強力なのでしょう。

ハンターハンターで制約と誓約を課せば自分が強くなれる、という特典があるのですが、「女子と仲良くしてはいけない」という制約を守っても得することは一つもないのが情けないところです。

「そうだ俺は修行僧。共学に来たのだって心の鍛錬のため」

「何にも惑わされず。煩悩を捨てて生きるんだ」

仏教の世界ですね。釈迦が聞いたら感動するでしょう。

ちなみに下の『終末のワルキューレ』は神と人間がタイマンする漫画です。釈迦も闘います。こちらもぜひ。

黒岩メダカに恋するモナが可愛い

無関心を装ってディスることによってあえて女の気を引く、という高等テクニックを駆使した黒岩メダカの術中にまんまとハマってしまうのがモナでした。

モナは自分の意志で誘惑するときはノリノリの多弁ですが、本気でキュンとしたときは声が出なくなります。そのときのモナの表情がとてつもなく可愛いのです。

恋してる女子高生の顔です。

まさにかぐや様は告らせたい。

男女ペアで絵のデッサンをする授業のとき。

どんなに誘惑しても目をそらしてばかりだったメダカがモナをじっと見つめます。

私が笑顔で話しても 何をしても

「逸らすくせに」

…ずるい…こんな時ばっか…

「いつもそれくらい見ろよ…」

女王のプライドと恋する乙女の本音が出たシーンでした。可愛すぎますね。

『黒岩メダカに私の可愛いが通じない』を無料で読む方法

2021年8月時点では『黒岩メダカ』を無料で読む方法はありません。

Kindleで普通に購入するのが最も無難な方法です。

モナがめちゃくちゃかわいくて、そんなモナに惹かれつつも無関心を装い続ける黒岩メダカのやり取りが最高に萌えます。

黒岩メダカも徐々に徐々に、モナとの距離を縮め始めているのです。

戒律が破られる日は来るのでしょうか?ぜひ1冊だけでも読んでみてください。普通にハマります。

「黒岩メダカ」が好きな人には「JKハルは異世界で娼婦になった」もおすすめです。ストーリーが面白くて、エロ要素もあるので、「少年以上」の話を楽しみたい方はぜひ、こちらも読んでください。