外出禁止の時期にこそマッチングアプリで出会いをたくさん作れ

世間では外出を自粛するムードが強くなっています。
いま渋谷でストリートナンパなんてしていたら、非国民の扱いをされるでしょう。

どんなに自粛ムードが広がろうと、外に出てくる女の子はいます。
自粛の時期に外に出てくる女の子は頭の緩い子は多く、ナンパに成功しやすいかもしれません。

ですが、自分の健康を損なうわけにはいきません。
ナンパも女遊びも、健康な身体があってこそです。

0.2%でも死亡リスクがある感染症にわざわざかかりに行くのはアホといえるでしょう。
感染症の流行が収まるまではストナン・クラナンは控えるべきです。

そして外出禁止の時期こそがチャンスともいえます。

なぜ外出禁止はチャンスなのか

外出禁止はチャンスです。
多くの人の「暇な時間」が増えるからです。

家にいて、やることがないときは何をするでしょうか?
勉強する人は1%もいません。

SNSを見たり、YouTubeなどの動画を見たりして暇を潰します。
合コンや出会いのイベントはことごとく中止になります。

その代わりにやることは何でしょうか?

マッチングアプリですよね。
外出自粛期間はマッチングアプリのかきいれ時です。

マッチングアプリを始めるのに、これ以上チャンスはないでしょう。



自粛ムードでも人の欲求は変わらない

世の中にどんなに自粛の流れが来ようと、人の欲求は変わりません。
人と繋がりたいし、出会いたい。愛がほしい。

そんな欲求は不変です。

でも自粛ムードだと欲求を満たすための手段が限られます。
外に出てはいけないなら、家で欲求を満たすしかありません。

自然と人は、マッチングアプリに流れてきます。
普段マッチングアプリをやらないような可愛い子もマッチングアプリに参入してきます。

マッチングアプリに人が増える

僕は複数のマッチングアプリを利用していますが、世の中が自粛ムードになってから明らかにマッチングアプリで連絡が来る数が増えました。
そして女の子の質も上がりました。

可愛い子からガンガンLikeが来るのです。

当たり前ですが、人が増えるとマッチしやすくなります。
マッチしやすい上に、マッチングアプリ初心者の子が増えるため、落としやすくなります。

これはチャンスです。
いまこそマッチングアプリを始めて、たくさんの連絡先をストックしておきましょう。

自粛が解けた時にまとめて処理していくのです。



自粛は永遠には続かない

この自粛ムードは永遠には続きません。必ず終わります。

ずっと続けると社会が回らず、経済が死に、感染症以上の大きな問題が次々と起こるからです。

感染症との闘いは長引きそうですが、外出規制をずっと行える国はありません。
なので私たちは、「自粛が解けた後の世界」に向けて着々と準備しなければいけません。

今から出会いの種を植えておくのです。

直接家に呼びやすい

外でデートしにくい今の状況であれば、逆に家に呼ぶ口実になります。

「外に飲みに行くのも怖いし、うちで飲まない?」

と言いやすい空気があるのです。

居酒屋などの不特定多数が集まる密室空間で飲むのは今の時代はバカげています。
感染リスクに身を晒してまで出会う必要などありません。

これからの時代は、直接家、直接アポです。

LINEで仲を深めておいて、そのまま家に呼びましょう。
直家アポが成功しやすいのは、ハッピーメールでした。

見た目に自信がある人はTinderでもいいですが、若くてイケメンじゃないとTinderは全然マッチしません。
ハッピーメールのほうが時間効率が圧倒的にいいです。



ツイッターでフォロワーを増やし、オフパコを狙え

自粛によってTwitterを見る時間が増えています。
いま、たくさんツイートしてフォロワーを増やしましょう。
そしてオフパコにつなげます。

ツイッターではフォロワーが増えれば増えるほどオフパコしやすくなります。
面白いツイートをし続けてフォロワーを増やせば、思わぬチャンスが回ってくるかもしれません。

いまはネット漬けになって、新しい出会いを増やしましょう。
今がチャンスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA