広告をフェミニストに炎上させられた『月曜日のたわわ』を無料で読む方法とあらすじ

日経新聞に全面広告を載せた『月曜日のたわわ』がフェミニストによって炎上させられた。

フェミニストとは、ツイッターにしか居場所がない、現実で誰にも認められず、異性に求められたこともなく、自分ばかりが不幸だと勘違いして、自分自身は何の努力もせず、ただただ目についた「性的な何か」に文句を言って他人に迷惑をかけるゴミである。

控えめにいっても存在価値がない。ロシアのプーチンかフェミニストか、迷惑の度合いは似たようなものだ。

プーチンはウクライナに侵略を仕掛けるが、フェミニストは他人の尊厳を踏みにじる。

フェミニストはクソ中のクソで、彼らからスマホを奪い、Wi-Fiに繋げないように留置所にぶちこむべきだが、月曜日のたわわには罪はない。というより、本当に良い作品なので普通にみんな読んでほしい。 『月曜日のたわわ』を無料で読む方法はこちらの記事が詳しい→広告が炎上した『月曜日のたわわ』を無料で読む方法とネタバレ

『月曜日のたわわ』についてのツイート

ハフィントンポストが炎上商法