ナンパして即日セックスは逮捕リスクが高すぎる。リスクを避けて女と出会う方法

ナンパ師がまた逮捕された。
池袋で酒に酔っている女性に声をかけて自宅に連れ込み、セックスしたら逮捕されたそうだ。

このナンパ師が池袋で他の女に声をかけていたところも防犯カメラに映っており、警察は余罪を調べているという。

こういう話が報道されると、世間の人々は、

ナンパ男はキモい!逮捕!二度と塀の外に出てくるな!

と責め立てるだろう。

会社をクビになり、実名で報道されてしまった後は社会復帰は難しい。

しかし実際に出会いの場を想像してみると、どちらが悪いかは外からは簡単には判断できないとわかる。

その日にノリノリで「いえー」とついてきた女が翌日に我に返り、

「何してたんだろ」

と自己嫌悪に陥って、警察に相談することだってある。

彼氏にバレて「無理矢理された」と言い訳する女の人もいる。

セックスした後に口論になって、復讐のために警察に相談するケースだってあるのだ。

強姦をかばってはいけないが、「本当に合意がなかったのかどうか」は当事者でなければわからない。

「後で気が変わって復讐されるケース」は割とたくさんあるのだ。

女性は思っている以上に気まぐれだ。そこが可愛いし、愛おしいのだが、恨みを買ったら辛い。

女性の「後で気が変わる」「事情が変わる」現象を男が防ぐのは難しい。

セックスした後にできるだけ嫌われないようにするとか、事後も連絡を断たないように気をつけるくらいしかできない。

僕もナンパ師の端くれなので、ナンパして即日セックスが楽しいのはわかる。
興奮するし、エキサイティングだ。

でも「ナンパして即日セックス」は相当リスクも高い。

リスクには色々なものがあるが、第一に性病リスクがある。
ナンパして即日セックスする女の人は貞操観念がゆるい子も多い。

自分が即セックスできるということは、他の人もできているということだ。

なので、必然的に性病リスクは上がる。
リスクはもちろんそれほど高くはないが、普通にセックスするよりは高い。

必ず避妊しよう。

まぁ、性病くらいなら抗生物質を飲めば治るから致命傷にはならない。

やはり即日セックスの一番怖いのは「逮捕リスク」だ。

今まで築いてきたものを全て失ってしまう。
家族がいる人は家族も失うことになるだろう。

そして「逮捕されるかどうか」は割と女の子の気分次第なところも恐ろしい。

「合意だったのか無理矢理だったのか」は翌日の女の子の気分次第で変わってくるものなのだ。

だから当ブログのスタンスとしては、クラブ以外での即日セックスは基本的には推奨しない。
というより、避けたほうがいい。

連絡先を交換して、アポを組んで、一度デートを挟んでからセックスを狙おう。
これをナンパ用語で「準即」という。

デートして、かなり好意を持たせてから家に呼ぶのがいい。

仮に即日を狙うとしても、カフェか居酒屋を挟もう。

「ナンパして直接家に連れ込む」すなわち「直家」はリスクが高い。
何かあっても家がバレたら逃げられないからだ。

最低2時間はかけて相手をキスまでしてから家に呼ぶのがいいだろう。

それよりも圧倒的に低リスクで直接家に呼ぶ方法もある。

マッチングアプリでスクリーニングする方法だ。
マッチングアプリの場合は最初から相手はその気なので、後々のトラブルにつながく確率は低い。

そしてそもそもテキストでのやり取りが残っているため、「合意なんてなかった」なんて濡れ衣を着せられることはない。

マッチングアプリでの直家アポの取り方を紹介する。

マッチングアプリで直接家に呼ぶ方法

マッチングアプリで直接家に呼ぶために重要なのは「スクリーニング」だ。

アプリ上で「セックスできるかできないか」でふるいにかけて、セックスできない人は思い切って切らなければいけない。

では相手にセックスしたい!と思わせるにはどうしたらいいか?
当たり前だが、プロフ写真は盛ろう。

Ulikeかfoodieで写真を取れば盛りやすい。
できれば自撮りよりも誰かに撮ってもらったほうがいい。

写真はめちゃくちゃ大事なので、絶対に疎かにしないように。

前髪あってパーマかければカッコよく見えやすいので、髪型もそれっぽく工夫しよう。

次にマッチングアプリに登録する。

セックスしやすいマッチングアプリは「ハッピーメール」と「PCMAX」だ。
両方登録しておいて、うまく食いついてきた女の子を拾えばOK。

ハッピーメールに登録する

PCMAXに登録する

それで、大事なのはプロフィールだ。

プロフィールこそが、スクリーニングの重要ポイントである。

プロフィールに「セックス」と書くと運営に停止させられる恐れもあるので、

「オフパコしたいです」

「家でカクテル飲みましょう」

みたいに、「セックスをほのめかしつつ、直接は言わないワード」をチョイスする。

そして基本スタンスは「直家だ」とプロフィールで明らかにする。

こうすると、固くてセックスできない女の人は絶対に引っかからない。
これが逆に時間の節約になる。

写真で釣って、プロフィールの説明でスクリーニングをかけよう。
マッチしたらLINEを交換して、「家に来るのが当たり前のテイ」で話を進めるように。

「お酒、ビールとワイン、どっちがいい?」

と聞くみたいに、家に来るのが決まっているかのようにLINEをする。

こうすると、また何人かの女の子からは「私はそんなに軽くないから」とLINEの返信がなくなるかもしれない。

でもそれでいい。
全然問題ない。

スクリーニングをかけて、時間を無駄にせず、win-winで直接家に呼ぶのがいい。
そうすれば、無駄にリスクを追わずに可愛くておっぱいの大きい子とセックスできる。

さっさとマッチングアプリで家に呼ぼう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA