『生残賭博』ネタバレをエロ画像つきで解説

『生残賭博』の最新話を紹介します。

25巻ネタバレ「綻び」

25巻はヒロイン日奈子とついにセックスです。

表紙の女の子とのセックスシーンがついにきたのです!25巻にして…ついに…!

ここまで長かった。長い伏線でした。

「セックスさせてあげる。その代わり、一つお願いがあるの」

と言いながら、ヒナコは賢司のチンポをくわえます。

そして、外の公園のベンチで、ぬるり。

憧れのヒナコにパンパンとぶち込んでしまいます。

巨乳です。

そんなヒナコのお願いは、「哲矢から離れて」でした。

賢司を心配してくれていたのです。

しかし、賭けに失敗している今、哲矢からは離れられません。

怖いからです。

賢司は童貞を捨ててからは全く賭けに勝てなくなっています。ダメな方のカイジのようです。

哲矢から預かった金を溶かし、哲矢は哲矢でたかが10万円を渡しただけで金がなくなってしまっています。

可愛いものですね。偉そうにしてても10万円もないなんて(笑)

セフレの先生から10万円を借りて、賢司に渡してギャンブルさせます。喧嘩は強いのに小さい男です。

10万円って。大学生のアルバイトかよ。

とはいえ、「絶対外すなよ」となけなしの10万を渡してすごむ哲矢には凄まじい迫力があります。

ギャンブルやらせてないで、しっかりビジネスをやればいいのに、やはり哲矢は馬鹿ですね。

賢司はヒナコを奪って、単細胞の哲矢からは距離を置くべきです。私は主人公を応援します!

『生残賭博』を無料で読む(Amazon公式サイト)

24巻ネタバレ「罪」

高校時代の美人教師と食事をする賢司から24巻は始まります。

「本当はもっと早く…卒業したあと会いたいと思っていたから 遅くなっちゃったけどこうして会うことができて嬉しいわ」

と、言うこの先生は、賢司の目の前で哲夫にパンパンと突かれていた女です。

「はい…」

と冷たく笑うことしかできません。

「なぜ宮下君があの子たちと一緒にいるか気になっていたの。あなたのこといつも特別な子だと思っていたから」

「スポーツくじだっけ?全部あの子たちに渡してるって話じゃない。どうして自分のために使わないの?」

「それだとただのギャンブルになっちゃいます…

欲を出すと魂が穢れる…そうなったらきっともう僕は詩が書けなくなってしまう」

まるで宮沢賢治です。詩人な主人公です。

先生は「あなたは特別な人」と言って、

「もし私が高校生だったら きっとあなたみたいな男の子を好きになっていたわ」

と笑います。

でも賢司は冷たい。

「僕は高校生じゃありません」

「先生と同じように僕も大人になって…もう高校生には戻れないんです」

と、ただ冷たくあしらって終わります。

そりゃそうです。哲夫にパンパンされて、哲夫にセックストリガーを引かれている女にいちいち構ってられません。

賢司の塩対応は大正解です。

日菜子とのデート

日菜子が突然現れて、「ついてきて」と言います。

「なんで哲夫と付き合ったか知りたいって言ってたよね」

「私…高校のとき、エリカにいじめられてたの」

エリカは哲夫の子分のような女です。ある日、日菜子のダメ親父の姿を見られたことがきっかけで、いじめにあうようになりました。

いじめがエスカレートして、どうしようもなくなって、哲夫と付き合うことで解決しようとしたのです。

そして哲夫の別の子分によって、エリカをぼこり、日菜子は救われたのでした。

「これが私の罪なの」

そう、24巻のタイトル「罪」とは日菜子の罪だったのです。

罪を告白した日菜子。

24巻の最後には大胆になります。

「ねぇ あの女とシて気持ちよかった?」

「私ともセックスしたい?」

そう、あの表紙の可愛い顔の日菜子がついに出てきました。

24巻にして、やっと出てきました。

初期の日菜子よりもずっと可愛く絵が描けています。巨乳です。最高です。

25巻ではセックスすることになるのでしょうか。

先が楽しみで仕方ありません。

『生残賭博』は Amazon で無料で読めます。ぜひ楽しんでみてください。

『生残賭博』を無料で読む(Amazon公式サイト)