鷲見玲奈が使っていたマッチングアプリは何か?アナウンサーと出会って付き合う方法

テレビ東京の鷲見玲奈アナウンサーがマッチングアプリに登録していたことを告白していた。

参考 「出会いがなくマッチングアプリ登録したことも」鷲見玲奈アナが告白livedoor NEWS

アナウンサーになると野球選手などとの出会いが溢れているかのように思えるが、実はけっこう出会いがないらしい。
そのためマッチングアプリに登録して出会いを探したこともあったという。

なかなかの肉食のようにも見える。

マッチングアプリは想像以上に世の中に浸透していて、皆当たり前のようにマッチングアプリで出会っている。
「出会い」は人間の普遍的なニーズであったが、手間がかかるのが難点だった。

マッチングアプリは「出会う」までのハードルを一気に下げた画期的な発明だといえよう。

さて、そんなマッチングアプリには意外な職業の子が登録している。
AV女優だったり芸能人の卵だったり、鷲見玲奈アナウンサーだったりが実際に登録していたのだ。

この記事では、マッチングアプリで芸能人と出会ったときにどうすれば口説き落とせるかを書いていく。

職業について触れてはいけない

アナウンサーと出会ってしまうと、「テレビに出ていた人」というだけで「すごい!」と下から接してしまいそうになるが、これは絶対にNGだ。
職業モテしている女に下から接すると、絶対に口説き落とせない。

常に堂々として、職業に対して「すごいですね!」みたいなことを言ってはいけない。
職業を褒めるのではなく、仕事への姿勢などを認めるスタンスで接するのがいい。

ファンになってはいけない

「テレビに出ているんですか!?ファンです!」みたいなスタンスで会話すると、100%付き合うまでにいけない。

ファンとして接した時点で「その他大勢のモブキャラ」に成り下がってしまう。
どんな女と接する時も同じだが、絶対にファンになるな。

自分がどんな立場だろうと、相手がどんな格上であろうと、女を自分のファンにさせなければいけないのだ。
絶対に下からいってはいけない。

女と接する限り、常に堂々と、自分に惚れさせるつもりでいけ。

堂々と対等以上に振る舞う

アナウンサーだろうと芸能人だろうと、同じ人間だ。

男と女だ。
男と女である限り、女は絶対に格下には惚れない。

キラキラした職業についている女と出会ったときは、逆に堂々とするのがいい。

むしろ「自分のほうがすごいんだぞ」くらいの気持ちでいるといい。

「肩書がすごい人」よりも「なぜかすごそうな態度を取っている人」の方が実際に会うとすごく感じてしまうものだ。
堂々としよう。

自分に自信を持とう。
そのためには普段から自信を持てるくらいに努力していなければならない。

ストイックに生きよう。

ビビらずに口説く

アナウンサーだからといって、ビビってはいけない。
最後まで誘おう。

「フライデーいたら困るから」みたいな適当なことを言いながら、ちゃんと家まで誘おう。
ベッドの上では一人の女だ。

男がビビっていたは話にならない。
一ミリも恐れることなく口説きに行こう。

芸能人が多いマッチングアプリ

僕が出会ったアナウンサーは友達の合コンであった。

そのときに色々話したのだが、アナウンサーも意外とマッチングアプリをやっているらしい。

「どんなアプリ使ってんの?」と聞いたら、ペアーズやomiaiはユーザーが多すぎて身バレが怖いし、Tinderはツイッターなどで晒されるのが嫌だからやらないのだそうだ。

Tinderではツイッター上のナンパ師のイメージが強すぎるのかもしれない。

マッチングアプリで出会った芸能人、というかAV女優がいたが、その子はうまく最後まで持っていくことができた。

事後に「なんで登録したの?」と聞くと「なんとなく」という答えが返ってきた。
本人も理由は特にないのかもしれない。

「まともな出会いがほしい」というのは芸能系の子に共通した悩みでもあるようだ。

どの子もマッチングアプリを介して身バレするのはちょっと嫌みたいで、もしバレたときに、「ご飯に行く友達がほしかった」と言い訳できるアプリを好む傾向があった。

僕が出会った子は「ciel」をやっていた。
Tinderとは違い、「真面目な出会い」に特化したマッチングアプリだ。

芸能人に出会えるマッチングアプリ「ciel」に登録する

こういう真面目系のマッチングアプリは「男もちゃんと真面目なスタンスでいかなければいけない」というデメリットもあるが、お宝みたいな出会いもある。

マッチングアプリを活用して、読者の方も芸能系の子を口説き落としてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA