漫画『月曜日のたわわ』のエロすぎるネタバレ

『月曜日のたわわ』が絶妙にエロくて面白い。

ヤンマガWebで連載中で、なんとアニメにもなっている。

作者の比村奇石さんのツイッターフォロワー数は100万人を超える、超人気作品である。

物語は単純明快でわかりやすい。

  • アイちゃん
  • 後輩ちゃん
  • 前髪ちゃん

の3人の女の子が登場人物である。

全員巨乳で、特に女子高生のアイちゃんは「Iカップ」という設定である。

Iカップは10000人に1人もいない逸材で、おっぱい界の大谷翔平といっても過言ではない。

豊胸なしの天然Iカップは国の天然記念物に指定されたイリオモテヤマネコよりも珍しい。野生のIカップに出会える確率はほぼ皆無に等しい。

電車に乗るアラサーの会社員がいた。

読者が共感しやすいように、彼の名前は明かされていない。

アイちゃんは彼を「お兄さん」と呼び、電車の中で毎朝会話するのが唯一の楽しみとなっている。

毎朝、同じ電車の同じ時間帯で顔を会わせ、誰かと仲良くなることは稀にある。

だが、女子高生が30代の男に対して好意を持ったり、おっぱいを押し付けることはまずない。

また、関東圏の通勤電車は密集度が殺人的であるため、会話する余裕はない。

なので、『月曜日のたわわ』は地方都市の通勤電車内での出来事だと思われる。

リアルでは女子高生に近づいてはいけない

『月曜日のたわわ』は当たり前だが、フィクションである。

アラサー会社員が通勤時間中に女子高生と出会い、通勤電車内での会話で癒やされる、という話だ。

現実にも起こり得そうなシチュエーションであるだけに色々と妄想してしまうが、現実では原則として、女子高生には近づいてはならない。

リスクの方が圧倒的に大きいからだ。

巨乳の若い女の子に会いたいならば、あと3年待てば女子大生になるのだ。
女子大生を口説けばいい。

どうやって?パパ活アプリである。

パパ活アプリをやって、巨乳の女子大生に会えばいいのだ。

通勤電車で女子高生と会話するなど、まともな社会人の行為とは思えない。

それが美人ならなおさらいけない。

本人たちが親しげに、何の悪気もなく話していたとしても、「嫉妬」や「やっかみ」で悪意を持つ連中は必ずいる。

女子高生と話すなら周りに人がいない場所にするべきだし、通勤電車で会話などしていいことは一つもない。

近くにいても無視するべきだし、基本的に半径5メートル以内に近づいてはいけない。

女子高生に夢を見るな

そもそも「女子高生」に夢を見たり、女子高生に性的な興奮を感じる男は頭が弱い。

3年待てば女子大生なのだ。

化粧を覚え、おしゃれな服を着て、女性として洗練されていく。

20歳から24歳までが女のピークである。

ピークの女を喰らえばいい。女子高生の制服に興奮する?そんなものは裸になれば無関係。

どんな服を着るかなどどうでもいい話だ。

どうしても制服に興味があるなら、口説き落とした女子大生に制服を着せればいい。コスプレでセックスできるラブホテルもある。

若い女の子が素晴らしいのは完全に同意だが、女子高生を抱けるのは高校生のみと認識しておこう。

22歳を過ぎて社会人になったら、女子高生は絶対に交わることのない、全く別の世界の人間であると自覚するべきだ。

山Pでさえも、女子高生に手を出したら非難されてしまったのだ。本当に良いことはほとんどない。失うものの方が大きい。

手を出すなら大学生にしておこう。

『月曜日のたわわ』はフィクションとしては秀逸である。女の子が死ぬほどかわいく、巨乳が揺れて、絵が絶妙にエロい。男の妄想をかきたて、誰もが温かい気持ちで楽しむことができる漫画だ。

だが、現実で『月曜日のたわわ』をやると高確率で会社をクビになるだろう。妄想にとどめておこう。

漫画はとっても面白いので、ぜひじっくり読んでほしい。