『嘘とセフレ』最新話!16巻のストーリーをエロ画像付きでネタバレする

『嘘とセフレ』の16巻が出ました。毎回『嘘とセフレ』を待ちきれず、0時ぴったりにダウンロードしています。
今回はセフレの由紀さんが

「うちにご飯食べに来る…?」

とセックスに誘うシーンから始まります。

こうやってご飯を名目に「エッチしよ?」を暗に伝えてくる女の子は現実でもけっこう多かったので、この辺は割とリアルです。

「ご飯食べに来る?」
「飲みに行かない?」
「今日会える?」

みたいなLINEは全部、「セックスしよっか」です。

『嘘とセフレ』の主人公の京太郎も由紀さんの気持ちを察したようで、「思う存分食べてあげるよ」と気合を入れて家を出ます。

そして由紀さんの家に着いて3分後、京太郎は当然、由紀さんの身体をまさぐり始めます。まさに出会って15秒でセックスするAV状態です。

僕は100人を超える女の子とセックスしてきましたが

「さぁ…お楽しみの時間だよ」

というセリフを吐いたことは一度もありません。こんなことが言えるのは京太郎だけでしょう。

「家に行ってセックスする」

16巻の内容を1行でまとめるとこうなります。

それ以上でもそれ以下でもありません。由紀さんにバンバンちんぽを突っ込みます。
何度も何度も執拗に突っ込みます。

京太郎の性欲も相当ですが、由紀さんの性欲も凄まじいものです。

まるで高校生のように一日に何度でもセックスに応じます。

由紀さんほど性欲が強い女は現実にはなかなかいません。

1日2回セックスすることはけっこうありますが、4回5回を毎日、というのは高校生でないと厳しいでしょう。

ただ、大学生の頃はこれくらいやれたかもしれません。いやしかし…5回は辛い。

精子が出ません。京太郎を除いて。

こんなにも由紀さんにちんぽを突っ込むのは、京太郎の独占欲もあるでしょう。

昔、京太郎は由紀さんのセックスを覗きました。

そのときからずっと、由紀さんを抱きたいと思っていたのです。

念願かなって由紀さんのピンク乳首の巨乳をなめまわし、ちんぽを入れまくる京太郎です。

彼の性欲は留まることを知りません。

でもまぁ、ただセックスするだけではさすがにストーリが少しも進まないので、最後に京太郎の姉が由紀さんの家に来る、と電話をして終わります。

バレたらどうなるんですかね。

漫画の設定的には「まずい」ですが、リアルではバレたらバレたで開き直るのが正解です。

いや、付き合うことにしたんだよねーでOKです。

ただ、こういうフランクに「付き合ったんだよね〜」を報告すると、割と女友達同士で揉めたりするので、やっぱりセフレでキープするのが一番楽ですね。

『嘘とセフレ』の良いところは、嘘をついてセフレを作ることを啓蒙してくれている点です。

大いに嘘をついてセフレを作りましょう。彼女にしてはいけません。

京太郎と由紀さんのセックスは動画にすると「出会って4秒で合体」みたいな感じです。見てみてください。

嘘とセフレの見どころは下の記事です。京太郎と由紀さんがセフレになるシーンが抜けます。

さらなるオナニーを求めている方は『秘密の授業』を読んでください。