『嘘とセフレ』ネタバレ!ついにセフレになった京太郎と由紀さん、その後はどうなる…?

11巻でめでたくセフレとなった主人公の京太郎と憧れのロイヤル美爆乳の由紀さん。

11巻の終わり、京太郎にギラつかれた由紀は聞いた。

「京太郎…本田くんに私をセフレって紹介したでしょ?」

「なら本当に…セフレになってみる?」

そこからセフレになった二人。

セフレ契約後、初のセックスでは由紀さんがついに騎乗位を実践した。

「やっ…バカ❤」

と言いながら、

「もう…好きにしなさいよ!」

と現代の女の子ではまず言わないであろう

「好きにしなさいよ!」

というおばさんのようなツンデレ語で感じる由紀さんは大変にセクシーであった。

原作のタルチョーさんは昭和生まれなのだろうか。

2021年3月時点での最新12巻ではセフレになった二人の様子が描かれている。

猿のようにやりまくる京太郎と由紀

京太郎は姉の沙織と二人暮らしである。

しかし12巻の時点では沙織は実家に帰省中であり、由紀と二人きりになれる状態であった。

沙織がいないのをいいことに、京太郎と由紀はセックスライフを満喫しまくる。

ベッドでセックスし、台所でセックスし、ソファでチンポをなめ、またベランダでセックスをする。

驚くべきは京太郎のチンポ力である。

何度射精しても無限に立ち上がる京太郎のチンポ。

前の巻では射精直後にすぐに勃起して由紀さんに挿入したこともある。

『嘘とセフレ』の中では同じ日に5回は射精しているように見える。

何度やっても立ち上がる鋼のチンポを持つ京太郎。

逆に言えば、鋼のチンポを持つことこそが、エロ漫画の主人公になるための第一の資質なのである。

ツンデレだった由紀さんも「もっとして…」と積極的にセックスに応じるようになっている。

経験上、これは既にセックストリガーが引かれた状態である。

女は好きだからセックスするパターンもあれば、セックスして好きになるパターンもある。

由紀さんの場合は、「悪くないな」と思っていた京太郎とセックスすることにより、欲求が解き放たれ、恋をしてしまったのだと推測できる。

『嘘とセフレ』はエロ漫画ではない

私が驚いたのは以下のセリフだ。

裸にエプロンを着させようとした京太郎に、由紀はこう答えたのだ。

「あんたねぇ…エロマンガじゃないんだから着るわけないでしょ?」

エロマンガではない…だと…?

タルチョーさんはたしかに、漫画のヒロインたる由紀を通じて、読者に伝えたのだ。

『嘘とセフレ』はエロマンガではないと。

エロマンガでない『嘘とセフレ』だが、裸のエプロンを拒否した後に台所でセックスしている。

しかしこれはエロではない。

単なる生殖行為である。

それにしても「裸にエプロン」というのは、さすがに発想がおじさんすぎるのではかろうか。

今どき、セックスする前に裸にエプロンを着せる男はいない。

そして裸にエプロンで興奮もしないだろう。

昭和の終わりに、専業主婦が玄関で夫を出迎えて、

「今日は何にする?

ご飯にする?

お風呂にする?

それとも…わたし?」

と聞く、お決まりのエロパターンがあった。

タルチョーさんはおそらく、昭和の時代を駆け抜けてきたお方だ。

だからエロの発想がすべて昭和なのだ。

昭和のエロ!だがそれがいい!

YouTubeもない昭和の男女はこうやってセックスして時間を潰してきたのだろう。

『嘘とセフレ』の次の展開はどうなる?

嘘とセフレの展開は単純だ。

次は京太郎の姉である沙織が家に突然帰ってきて、

「あなた達、何やってるの!?」

と問い詰めて、二人が離れ離れになるのだろうと予測できる。

現実であれば、

「ちーっす!

付き合うことになりました!

よろしくっ!」

くらいのノリで済むように見えるが、エロマンガではそういう展開にはならない。

まず間違いなくピンチに陥って、京太郎は悩みに悩むのだろう。

由紀さんは由紀さんで、

「もう会えないよ」

みたいなことを言い始めるに違いない。

どうせ沙織(姉)にバレたんだから、京太郎を切る意味はないはずだ。

セフレのままで継続したほうが由紀さんにもメリットはある。

だが、そうならずに

京太郎を切って、沙織とも気まずいままになる

という由紀とって一番メリットのない展開に自らを陥れいていくのだろう。

読者に覚えておいてほしいのは、現実でこうなった場合は女は絶対にセフレをやめない。

友達と気まずくなろうが、セックストリガーを引かれた男とセックスし続けることを選ぶ。

だから安心してパコリまくろう。

京太郎にとっての正解はとにかく由紀さんに会って、チンポをぶち込むことなのだ(無論、無理矢理はいけないが)

ちなみにシーモアでは『嘘とセフレ』は1巻が90円で読める。

Apple Payで簡単に購入できるので、気になる人はぜひ、シーモアでコミックを買って読んでみてほしい。

シーモアで嘘とセフレを試し読みする

嘘とセフレの感想記事→絶対抜ける!『嘘とセフレ』のあらすじと感想